親知らずやお口のトラブルは口腔外科へ

親知らずやお口のトラブルは口腔外科へ

自由が丘の歯医者「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック/インプラントセンター」では、口腔外科の代表例でもある正しく生えていない親知らずの抜歯や口内炎の治療、口腔内の外傷、顎関節症などの治療を行っています。歯科用CTや、先端医療機器を完備しており、安全性の高い高精度の口腔外科治療を実現しています。口腔内のことでお困りの方は一度ご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

親知らずとは、永久歯が生えそろった後、前歯の中央から8本目のところに生えてくる歯のことです。必ず抜かなくてはいけないというわけではありませんが、まっすぐに生えていなかったり、痛みなど症状があったりする場合には、抜歯をする必要があります。

当院では歯科用CTを使用した精密検査が可能です

当院では歯科用CTを使用した精密検査が可能です

歯科用CTとは、通常のレントゲン写真と違い、立体的な3次元画像を得られる診査機器です。歯科用CTを使用することで、親知らずの生えている方向や埋まっている長さ、神経の位置、周囲の炎症の有無や程度などを確実に把握できます。これにより、神経を傷付けることがなく安全な抜歯が可能になり、最小限の切開や骨の切削で済み身体への負担も少なくなります。
なお、歯科用CTを用いた診療は基本的には自費診療ですが、下顎の歯の抜歯などで用いる場合は保険適用となることがあります。詳細はお問い合わせください。

親知らずを抜く理由
  • 生え方によって歯ブラシが届かない場所があり、虫歯や歯周病になりやすい
  • 親知らずの虫歯や歯周病が重度な場合
  • 親知らずがあることで手前の歯が虫歯や歯周病のリスクがある場合
  • 親知らずが原因で噛み合わせのバランスが悪化し、全体的に悪影響を及ぼす場合
  • 矯正治療後に親知らずがあることで、歯並びを再度悪くする原因になる場合
顎の痛みや違和感は顎関節症の可能性があります

顎の痛みや違和感は顎関節症の可能性があります

「顎がカクカク鳴る」「口を大きく開けられない」
こんな症状はありませんか。その症状がある場合、もしかすると顎関節症かもしれません。顎関節症は一度発症するとクセになりやすく、完治が難しい病気ですので、以下のような症状が一つでも当てはまるなら、早めにご相談ください。

顎関節症の代表的な症状
  • 顎がカクカクと鳴る
  • 口を開けるときに違和感がある
  • 口を大きく開けづらい
  • 食事のときに顎の関節やこめかみが痛い
  • 硬いものを食べると顎が痛い
  • 朝起きたときに口が開けづらいことがある
口内炎などの粘膜疾患について

口内炎などの粘膜疾患について

口内炎(粘膜疾患)とは、お口の中の粘膜に起こる様々な炎症を総称した名称です。歯ぐきやした、口角、口唇など様々な部位にでき、もっとも一般的なのが口腔内の粘膜にできる「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。
通常、1~2週間ほどで治りますが、難治性の場合や慢性的に繰り返す場合には治療が必要になります。口内炎の治療は、口腔内の細菌を除去する口腔内清掃が基本です。ブラッシングや洗口液によるうがいなどを行います。また、炎症を抑える治療として、患部に抗生剤軟膏を塗布します。

その他の口腔外科の症例

親知らずの症例
  • 親知らずの症例01
    パノラマ画像撮影①
  • 親知らずの症例02
    パノラマ画像撮影②

親知らずの症例03
神経が通ってる下顎管(赤い線)を
守るためCT撮影

親知らずの症例04
抜歯

  • 親知らずの症例05
    CGF①
    (自分の血液から作るジェル)
  • 親知らずの症例06
    CGF②
    (自分の血液から作るジェル)

親知らずの症例07
縫合

歯根のう胞摘出
  • 歯根のう胞摘出
  • 歯根のう胞摘出
下顎骨炎
  • 下顎骨炎
  • 下顎骨炎
歯肉にできた腫瘍

歯肉にできた腫瘍

重度の歯肉の炎症

重度の歯肉の炎症

舌小帯強直症

舌小帯強直症

舌がん

 舌がん

口腔外科「抜歯と歯根嚢胞

※こちらのコンテンツには血液や膿の画像が含まれております。そのような画像をご覧になっても大丈夫な方は「続きを見る」をクリックしてください。抜歯と歯根嚢胞の画像がご覧いただけます。

>> 続きを見る
「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック」の 院内紹介・アクセスはこちら