歯の痛みを放置しないでください

歯の痛みを放置しないでください

知らない人はいないといえる、お口の病気「虫歯」。冷たいものを口にしたときに起きる、「痛み」「しみ」などで気づくことが多いのではないでしょうか。そうやって気づいていながら、ついそのままにしてしまって……ということはありませんか? 虫歯は、決して自然治癒することがない病気。放置すればどんどん悪化してしまいます。

歯の痛みは放置してはいけません。自由が丘の歯科・歯医者「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック/インプラントセンター」は、虫歯歯周病親知らずなどに対する一般診療ももちろん行っています。少しでも異変に気づいたら、お早めにご相談ください。

虫歯を放置するリスク

虫歯の痛みは、しばらくすると治まることがあります。しかしそれは、治ったのではありません。放置すれば、次のようなリスクが生じてしまいます。

リスク1 リスク2 リスク3
痛みが再発し、前よりも強くなる 神経に達すると、治療時の痛みが強くなることがある 治療の難易度が増す
リスク4 リスク5 リスク6
通院回数が増える 治療費用の負担が大きくなる お口に加え、全身の健康に悪影響を及ぼすことがある

深く進行した虫歯には根管治療を行います

深く進行した虫歯には根管治療を行います

従来、重度にまで進行した虫歯は抜歯するしかありませんでした。しかし歯は1本でも失うと歯並びや咬み合わせを乱す原因になり、その結果虫歯・歯周病リスクを高めたり、全身のバランスを崩してトラブルを招いたりすることがあります。そこで、歯を残すために根管(こんかん)治療が行われるようになりました。

深く進行した虫歯には根管治療を行います

根管治療とは、歯根の中にある根管という管の中から、虫歯菌に侵されて死んでしまった神経や血管を取り除き、内部をキレイに洗浄・消毒して薬剤を詰める治療です。この治療をきちんと行うことで、重度の虫歯も残せるようになるのです。

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

歯の痛みは、必ずしも虫歯とはかぎりません。たとえば奥歯に痛みを感じたら、それはもしかすると親知らずの可能性があります。

親知らずは永久歯の奥歯のさらに奥に生えてくる歯であり、横を向いたり斜めになっていることが多いのが特徴です。そのために「虫歯や歯周病を招きやすい」「歯並びを乱す」といったトラブルを招きやすいため、多くの場合抜歯が必要となります。

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

しかし必ず抜くというわけではなく、その判断は診察してみないと行えません。親知らずが気になる場合には、当院までお早めにご相談ください。

根管治療や親知らずでも歯科用CTを使用します

根管治療や親知らずでも歯科用CTを使用します

歯科用CTは、おもにインプラント治療における診査・診断に使用しますが、それ以外にも、根管治療や親知らずの診断にも応用しています。

根管治療では 親知らずでは
歯根の先端の病巣を見つけたり、治療後の経過などの確認をしたりするために使用します。立体画像によって詳細な情報が得られるため的確な診断が可能になり、治療の成功率を高めることができます。 親知らずを抜歯する際には、顎を通る神経を傷つけないよう注意することが大切です。そこで事前に歯科用CTで神経の位置を確認するとともに、炎症の程度や病巣の有無、その状態などを把握。精密な診断によって、的確な治療が可能になります。
「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック」の 院内紹介・アクセスはこちら