まわりの歯にやさしいインプラント

まわりの歯にやさしいインプラント

失った歯の機能を回復させる治療には、従来から入れ歯やブリッジが用いられてきました。しかし部分入れ歯の場合、バネをかける歯に負担をかけてしまいます。またブリッジでは、支台にする両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。

こういったまわりの歯にかける負担をなくすことができるのが、インプラント治療です。失った歯単独での治療になるため、まわりの歯の寿命を縮めるようなことがありません。

自由が丘の歯科・歯医者「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック/インプラントセンター」では、インプラント治療を行っています。こちらでは、このほかにもたくさんのメリットを持つインプラント治療についてご紹介します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失ってしまった場所の顎の骨に生体親和性の高いチタン製インプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯の機能を取り戻す治療です。インプラントと顎の骨がきっちりと結合する構造になっているため、天然歯と変わらない自然な咬み心地得ることができます。

また上部の人工歯はセラミックで作られるため、見た目にもまわりの歯と変わりません。機能性・審美性ともにメリットの多いインプラントは、大きな注目を集めている治療法です。

インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 快適な咬み心地が手に入る
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 見た目が自然で美しい
  • 咬む刺激が伝わることで、顎の骨がやせにくい
  • 埋め込むために外科手術が必要
  • 全身疾患の有無によっては、治療が受けられないことがある
  • 保険適用外のため、比較的費用が高額になる

当院のインプラント治療の特徴

技術・実績のある理事長が執刀

技術・実績のある理事長が執刀

技術・実績のある理事長が執刀

米国インディアナ大学歯学部インプラント科審美講師であり、国際インプラント学会認定医である理事長の森田がインプラント治療を担当いたします。豊富な知識、技術、経験をもとに上質なインプラント治療をご提供させていただきます。

専用のオペ室にて治療

専用のオペ室にて治療

専用のオペ室にて治療

インプラント手術の際などに使用する、オペ専用の診療室です。細菌感染の防止や他の患者様を気にせず、リラックスできる空間を確保するため、他の治療室とは完全に分離しています。通常の診療とは別にスペースを設けることで、より専念した治療を行うことができます。

歯科用CTで精密な診査・診断が可能です

歯科用CTで精密な診査・診断が可能です

インプラント治療では、事前に顎の骨の厚みや神経の位置などについて、詳細に把握しておくことが重要です。そこで当院では、3次元での撮影が可能な歯科用CTを用いて、精密な診査・診断を行っています。

歯科用CTはインプラント治療だけでなく、重度の虫歯に対する根管治療の診断にも役立ちます。

インプラントが安定しているか確認します

歯科用CTで精密な診査・診断が可能です

従来インプラントを埋入直後に、しっかり骨と結合しているかを判断するのは困難でした。そして埋入後の期間や経験に頼って判断をせざるを得ない状況でした。しかし当院ではオステルISQアナライザを使用し、インプラントの安定度を数値化しています。これによりインプラントがしっかりと安定した状態で過ごしていただけます。

オステルISQアナライザを使用するメリット

・インプラント体に接触せずに測定可能
・リスクの早期発見が可能
・迅速な治療方針の決定が可能

インプラント治療の流れ

STEP1
歯ぐきの切開
STEP2
顎の骨へのドリリング
STEP3
インプラントの埋入
STEP1 歯ぐきの切開 STEP2 顎の骨へのドリリング STEP3 インプラントの埋入
歯ぐきを切開し、顎の骨を露出させます。 顎の骨に、専用のドリルで穴をあけます。 インプラントを、あけた穴に埋め込みます。
STEP4
治癒機関
STEP5
アバットメントの装着
STEP6
人工歯の装着
STEP4 治癒機関 STEP5 アバットメントの装着 STEP6 人工歯の装着
歯ぐきでインプラントの頭部を覆って一旦縫合し、傷口の治癒と、骨との結合を待ちます。 再び歯ぐきを開き、インプラントの頭部にアバットメント(人工歯との接続部分)を装着します。 さらに傷口の治癒を待ち、最後にアバットメントに人工歯を装着します。治療後にはメインテナンスを継続しましょう。

骨が足りない方もインプラント治療が可能です

インプラント治療を行うに当たり骨の幅や高さがない場合、インプラント治療が出来ない場合があります。しかし現在は、技術や材料の進歩により骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入出来るようになってきました。その方法を以下でご紹介します。

CGF
  • CGF
  • CGF
  • CGF

ケガをして血が出てしまったとき、止血するために血液中の凝固因子が放出され、フィブリンという物質が作られ、傷の治りを促進させます。
CGFとは、専用の遠心分離器で患者様ご自身の血液を分離して、このフィブリンを人工的に作製したものです。添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルです。
つまりインプラント治療においては、骨が足りないところにCGFを填入し、骨の再生・治癒を早めたりするのに使います。そのため、骨が少ないとインプラント治療を断られたり断念された方でも、当院では治療できる可能性があるのです。

GBR
  • GBR
  • GBR

あごの骨の太さ・高さが足りない場合に行う治療法です。骨が必要な部分に自家骨や骨補填剤を入れ、その上から人工膜を被せて骨が再生するためのスペースを確保します。その後3~6ヶ月間、人工膜の内側で骨が再生するのを待ってからインプラント手術を行います。

サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
インプラント治療(骨造成)の流れ
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ①術前
  • arrow
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ②欠損部分
  • arrow
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ③ドリルで穴をあける
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ④インプラント埋入箇所
  • arrow
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ⑤CGF準備
  • arrow
  • インプラント治療(骨造成)の流れ
    ⑥CGF

インプラント治療(骨造成)の流れ
⑦骨造成

症例紹介

※こちらのコンテンツには血液や膿の画像が含まれております。そのような画像をご覧になっても大丈夫な方は「続きを見る」をクリックしてください。症例の画像がご覧いただけます。

>> 続きを見る

インプラント治療Q&A

Qインプラントは誰でも受けられますか?
骨の成長が止まる16歳から受けられます。基本的に健康状態に問題なければ何歳でも治療可能です。
Qインプラント治療は痛いですか?
治療前には的確な麻酔を行いますので、痛みはありません。
Q人体への影響はありますか?
人工歯根には生体親和性の高いチタンを使用していますので、人体への影響はほとんどありません。強度が高く、骨内で腐食することもありません。
Qインプラントはどのくらい持ちますか?
患者様の口腔内の状態により異なりますが、きちんとメンテナンスを行っていれば半永久的に使用することができます。
Q治療期間はどれくらいですか?
年齢や口腔内の状態により異なりますが、目安は約3~6ヶ月です。
Q治療費用はどれくらいですか?
治療内容により異なりますので一概にはお答えできませんが、自費診療になるため比較的高額になります。詳しくは歯科医師におたずねください。
Q糖尿病などの疾患がある場合でも治療を受けることはできますか?
症状により異なりますので、まずは一度ご相談ください。
「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック」の 院内紹介・アクセスはこちら