ストレスなく治療を受けていただくために

ストレスなく治療を受けていただくために

歯科治療は痛い」「だから歯医者には行きたくない」――。そんなふうに思われている方は、大人の方でも多いのではないでしょうか。確かに、以前の歯科治療には痛みがつきものだったかもしれません。しかし近年では、歯科治療技術も大きく進歩し、痛みを抑えた治療が可能になってきています。

自由が丘の歯科・歯医者「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック/インプラントセンター」では、麻酔時にさまざまな工夫をすることによって無痛リラクゼーション法の実現に取り組んでいます。痛みを抑えた歯科治療、あなたも試してみませんか?

眠っている間に痛みなく治療を受けませんか?

眠っている間に痛みなく治療を受けませんか?

眠っている間に痛みなく治療を受けませんか?

麻酔薬を点滴によって腕の静脈に投与する麻酔方法を「静脈内鎮静法」といいます。うっすらと意識はあるものの、ほとんど眠っているような状態になるため、治療に伴う痛みや振動・周囲の音などが気になりにくく、快適に治療を受けることができます。時間の感覚も薄れるため、あっという間に治療が終わってしまったと感じる方もいらっしゃいます。

しかし全身麻酔とは違い完全に意識がなくなってしまうわけではありませんので、通常の麻酔も併用します。また、全身麻酔とは異なり、静脈内鎮静法では体の防御反射が保たれ、問いかけにも反応できますので、安全性が高いという特徴があります。

【静脈内鎮静法はインプラント治療だけではなく、各治療と併用して行えます。】

こういう方におすすめします

・歯科治療が本当に嫌いな方・歯科恐怖症の方
・複数歯の治療・短期間で集中して治療を終わらせたい方
・ 嘔吐反射(口の中に物が入ると吐いてしまう反射が強い方)
・協力がなかなか得られない、障がいを持った方   など

静脈内鎮静法の注意点

・心臓・肝臓などに異常がある患者様は、使用できない場合があります
・妊娠中・授乳中の方、小児には使用できません
・使用する薬剤に含まれる成分にアレルギーがある患者様は、使用できない場合があります
・麻酔終了直後には頭がボーっとする場合があります(院内で十分にお休みいただくか、ご家族様などに迎えに来ていただきます)
・麻酔が切れたあとには、痛みを感じることがあります(飲み薬にて対応)
・当日、麻酔前の飲食を控えて頂く必要があります

痛みを抑える工夫

歯科治療で発生する痛みは、麻酔時の工夫によって軽減することが可能です。そこで当院では、以下のことを行っています。

麻酔の前の表面麻酔
麻酔の前の表面麻酔

本来、治療時の痛みをなくすために行う麻酔が痛い、といわれる方は少なくありません。そこで麻酔針が刺さるときの痛みをなくすために行う「塗る麻酔」が、表面麻酔です。

表面麻酔は、こびりついた歯石を除去する際などの痛み軽減にも用います。麻酔薬は、身体に安全な成分でつくられているため安心です。

極細の針の使用

麻酔時に生じる痛みの一つに、注射針が刺さるときの痛みがあります。

そこで当院では、現在ある麻酔針の中でももっとも細いものを採用。表面麻酔と併せて用いることで、麻酔注射による痛みをほとんど感じさせないようにしています。

極細の針の使用
電動麻酔器による速度のコントロール
電動麻酔器による速度のコントロール

麻酔注射では、麻酔薬の注入速度にムラがあると痛みが生じてしまいます。そこで当院では、コンピュータ制御によって注入速度や圧力を一定に維持できる電動麻酔器を使用しています。

これを用いることで麻酔薬がムラなく体内に入っていき、痛みを感じにくくできるのです。

「グリーンアップル自由が丘デンタルクリニック」の 院内紹介・アクセスはこちら